プログラム

演題募集

参加登録

大江戸懇親会




(タワーホール船堀のサイトにリンク)

overseas


 動画配信



 東京スカイツリーがオープンし、次世代への幕開けを迎える2012年に「第13回日本医療情報学会看護学術大会」を東京で開催させて頂くこととなりました。

 本学術大会のテーマは「多職種協働を支えるIT」といたしました。看護職は、医療関係職種の中でもっとも規模が大きいとともに、医師、薬剤師やリハビリテーション専門職などのコメディカル、事務職員など多くの職種との接点が多いことも大きな特徴といえます。多職種協働の医療現場において、看護職は確実に何らかの役割を担っています。
 このような局面がありながら、これまで病棟業務やその記録、あるいはケアの評価のような重要なテーマを、看護職のみで議論することも多かったように思います。しかし、電子カルテなどのツールがある程度普及し、情報共有のハードルが下がった今、このようなテーマは多職種による問題意識の共有と、解決策の模索に脱皮してくことが重要です。
 そこで、第13回日本医療情報学会看護学術大会は、多職種協働に関する様々なテーマを、多職種で考えていく場にしたいと考えています。看護職はもちろん、医師、コメディカル、事務職、情報通信技術の専門家など、多くの方と共に「チーム医療」を実感できるような大会を創り上げて参ります。

 第13回日本医療情報学会看護学術大会は、726名の方にご参会頂き、盛会裡に閉会を迎えました。ご支援頂いた皆様に、心より御礼申し上げます。



○大会長講演、特別講演(高橋泰先生)、ランチョンセミナー1(山野辺裕二先生)を動画配信しております。左のバナーをクリックしてご視聴下さい。

○ワーキングペーパ2012「多職種協働に向けた医療・看護情報学の貢献」は、こちらからダウンロードできます。

【ベスト・プラクティス賞】

〇指示のシステム化に不可欠な業務フローと用語の標準化−処方(内服・外用薬)システム構築−
鳥越千秋(鹿児島大学医学部・歯学部附属病院)

〇看護必要度3票からみた患者分類の特徴と臨床指標としての精度に関する研究
山本むつみ(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科医療システム情報学)

〇看護支援システムを使用する多施設の看護計画分類―ドナベディアン・モデルの活用―
中西 寛子(神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院)

【U-35賞】

〇電子カルテとリアルタイムに連携する外来継続看護用情報収集Webツールの開発と評価
横田 慎一郎(東京大学医学部附属病院企画情報運営部)は、